二世帯住宅や新築を建てたけど離婚や同居解消をしたい。私の経験談

   

結婚の際に、義両親と暮らすために二世帯住宅や新築を建てたけど、実際生活してみるとこんなはずではなかった!ということはありますよね。我慢も限界になれば離婚や同居解消も考えても当然だと思います。

ローンが残っていても離婚した私の経験

私の場合ですが、離婚した元夫の希望で義両親・義祖父母との同居をすることになりました。(賃貸は家賃がもったいないという理由)その際、かなり大掛かりなリフォーム工事をしました。田舎の大きな家だったので、大掛かりなリフォームは新築が一棟建つくらいの費用がかかりました。

費用ですが、頭金を義両親がかなり負担してくれ、ローンは毎月私たちが払っていました。

ちなみに、ローンの名義ですが、夫一人では借りられず、最初は私と元夫の二人の名義で借りようとしていたのですが、たまたま私は勤めていた会社を退職したばかりで名義人になれませんでした。今思えば相当運がよかったです。もしあのとき勤続していてローンの共同名義人になっていたら・・離婚の際にかなり面倒なことになっていたと思います。結局、元夫と義父の共同名義でローンを組んでリフォームをしました。

リフォームをして、一応キッチンを私たちのスペースにもつけたのですが、なぜか夕飯はほぼ義家族と一緒に食べていましたし、お風呂も一つ、義家族の生活スペースの一階に私たちの部屋があったので気軽に呼ばれたり、なかなか気が休まりませんでした。

同居の解消を求めてみた

同居を始めて2年目くらい、長女が産まれて家にいる時間が増えたこともあり、私のストレスが溜まっていきました。長女出産前から、やはり同居は大変だなとは感じていましたが、義家族に意地悪をされているわけではなかったですし、細かい不満を言えばきりがありませんが、何とかごまかせていました。

ですが、育児が始まるとどしても義家族との接触も多くなり、精神的にも辛く病んでいきました。
仮に夫が頼れる存在で、夫婦関係が良好だったら、きっと病むまではいかなかったと思います。

後に診断されますが、適応障害だったようです。
適応症がで離婚しました。原因は同居と夫のストレス

元夫は、自分が同居を希望したのに、特に義家族と私との潤滑油になる気はなく、それぞれ上手くやってるでしょ?という呑気なスタンス。マイペースに生活していました。

そのときはまだ離婚なんて頭になかったので、このストレスの溜まる生活から逃れるため、夫と長女と3人でアパートに住みたいと考えるようになりました。

とはいえ、ローンを払っているのでそう簡単にはいかないのは分かっていました。分かっていましたが、ローンと家賃を二重で払っても同居を解消したかったのです。

ずっととは言いません。何年かだけでも・・せめて子どもが小さい間だけでも・・義祖父母が元気な間だけでも・・

思い切って、元夫に相談してみました。ケチな元夫はもちろん反対です。義父母も『ちょっと待って!』と焦っていました。

皆に反対され、あえなく同居の解消は断念。

同居解消の際、やはり夫の同意は必須ですよね。私の場合、元夫がここで同居解消に理解を示してくれていたら、きっと離婚することはなかったと思います。世の同居嫁の夫の皆さん、妻が同居を解消したいと訴えたときはすでに限界です。ここで妻の気持ちを理解するよう努力しないと取り返しのつかないことになるかもしれません。

同居が解消できず、精神的にも八方塞がりな状態で、ひとまずしばらく娘と実家で過ごし、嫁ぎ先に戻りました。育休明けからは、夕飯も別にしてもらい、ストレスの軽減を図ってみました。

夫婦仲の悪化

同居のストレスに加え、それを理解してくれない元夫への不満。もともとケンカはしょっちゅうしていましたが、その他色々ありもう私は夫に嫌悪感を抱くようになっていきました。

夫に対して全く愛情がなくなったら、その家族と生活していくのは苦痛でしかありません。

そして私は1歳になったばかりの娘を連れて、嫁ぎ先を出ました。

実家にしばらく居候させてもらい、その後アパートを借りました。

もちろんすんなりとはいきませんでしたが、数か月後に無事離婚が成立しました。

リフォーム費用のローンは?養育費は?

離婚の際ですが、リフォーム費用のローンがまだまだ30年くらい残っていたこともあり、私は養育費を請求しませんでした。(元夫はもともとバツイチで前妻との間の子どもに養育費を既に払っていることもありました)

私が嫁ぐためにリフォームをし、リフォームの際ももちろん自分の要望も入れてもらい費用が高くなった部分もあります。

正直、元夫に対して申し訳ない気持ちはないのですが、義両親とは不仲というわけではなかったので申し訳ないという気持ちは今でもあります。

当たり前ですが、離婚するなど夢にも思わずに結婚して家をリフォームしました。

多額のローンがあるのも承知です。

ですが、それでも、どうしてももう無理だったのです。適応障害になっていた私は、死ぬか離婚かみたいな状態でした。

離婚を切り出してから、元夫と義両親は、私たち夫婦でアパートに出ることを提案してきましたが、時はすでに遅かったです。私は元夫が生理的に無理になっていました。

二世帯住宅や新築を建てたけど離婚や同居解消したい方へ

もう建ててしまったし、まだまだローンは残っているし。離婚や同居解消なんて無理。

そう思ってしまいますよね?私も最初はそう思っていました。

ですが、毎日ストレスが辛いのは耐えられないのです。これから先何十年もここで暮らすのかと思ったら明るい未来が想像できず死にたくなりました。

もしも、夫婦世帯だけで暮らしていたら、夫にストレスを感じても離婚にまで至らなかったと思います。ですが同居の場合、同居のストレスと夫へのストレスが妻にのしかかってきます。

その環境でのストレスがどれほどか、どのくらい辛いのか。それは本人にしか分かりませんし、他人が図るものではありません。

同居に同意したあなたも悪い。とか、そんな夫と結婚したあなたが悪い。と思う人もいるかもしれません。でもいつも正しい選択をできる人なんているでしょうか?間違った選択をしたら、ずっとそこにいないといけないのでしょうか?私を含め、離婚する夫婦はたくさんいます。

あなたの我慢で成り立っている家族なんておかしい。と私は思います。

私は耐えられず家を出ましたが、シングルマザーになって大変な思いをしている時も、一度も後悔したことはありません。

だって、もう無理だったんですから。

もしも、自分の我がままなのでは?と負い目に感じている方がいたら、それは違うと思います。そんな風には思わないでほしいです。

離婚を検討している場合、財産分与など色々問題もあると思いますので、まず一度専門家に相談してみることをおすすめします。私は、国が設立した法テラスという無料の法律相談を利用しました。
法テラスホームページ

離婚は本当に大変です。決して離婚をおすすめしているわけではありませんが、もう無理という状況なら、離婚したほうが今より自分らしくいられるなら、一歩を踏み出すのもいいと思います。

 - 同居について, 離婚について , , , ,