バツイチ男性はやっぱりダメ?見極める特徴とは。

   

現在離婚歴のあるバツイチの男性とお付き合いをされている方、バツイチ男性が気になっている方。一度結婚に失敗している男性は大丈夫だろうか?やはり冷静に気になりますよね?私の離婚した元夫はバツイチでした。実体験をもとに、やめておいたほうがいいバツイチ男性と、大丈夫かもというバツイチ男性の特徴を書いてみたいと思います。

バツイチの元夫との生活

元夫との出会いは職場でした。付き合うようになる前からバツイチということは知っていましたし、一緒に働いていたので性格なども把握していたつもりです。3~4年と十分な交際期間を経て結婚しましたが、それでも一緒に生活するとなると付き合っていたころとは全く違い、結果は離婚という最悪の結末になってしまいました。

結婚前に、もちろん前の結婚の離婚理由も聞いていました。

元夫は20歳のときに、当時付き合っていた同い年の元奥さんとの間に子どもができて結婚しました。いわゆる予定外に子どもを授かった『できちゃった婚』でした。元夫によると、『だって、できないから大丈夫って言われたし』と完全に元奥さんのせいにした言い方でした。避妊しなかったのはお互いの責任だと思うのですが。。。

離婚理由についてですが、『子どもが産まれても遊びが楽しくて、給料も家に入れず遊んでばかりいた。』

とのこと。離婚されて当然です。

当時は元夫のことが好きでしたし、若くてバカだった私はこう思いました。

『もうそんなに遊びたい年でもないし、同じ過ちは繰り返さないだろう。』

この考えたが甘かったです。

確かに、元夫は頻繁に遊び歩くことはなかったです。お給料も最初は色々ありましたが私に全額渡してくれました。

ですが、根本的に『自分中心で子ども』なのです。

前の結婚も結局、家族ができたのに自分の欲求を優先したから離婚に至ったと思います。

私との結婚生活でも、私より自分を中心に物事を考えているようでした。

まず、節約のために自分の実家に同居させました。(義理祖父母・両親と)それだけでかなりのストレスです。自分は同居をさせておいて、元夫は独身のときとほぼ変わらぬ生活スタイル。

仕事が休みの日も、6人分の夕飯を作ったり、何をするにも気をつかう生活を私がしているなかでも、自分中心で考えが子どものような人でした。同居のストレスやその他諸々、積りに積もったものが崩れ私がギブアップして別居の末離婚しました。

元夫と生活してみて、

妻や子どもより自分を優先させてしまう自己中な男性は、結婚に向いていないと思いました。

やめておいたほういいバツイチ男性の特徴

あくまで私個人の考えです。経験と、知人などの話をきいてちょっとやめておいたほうがいいかも。というバツイチ男性の特徴を書いてみます。

離婚理由をはっきりと言わない

これはもう論外だと思います。はっきりと言えない、もしくは言いにくいことが原因で離婚したのでしょう。とても大事なことなので、例え言いにくいことでも言ってくれたほうが誠実ですよね。

離婚の理由を元妻のせいにしている。反省していない

例え、離婚を決定的にした出来事が元妻のせいだとしても、結婚生活は2人で営むものです。離婚理由を元妻のせいと言っているバツイチ男性は、前回の結婚生活を反省していない可能性が高いので、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

私も、前回の結婚生活がダメになったのは全てが元夫のせいだとは思っていません。私にも至らない点があったと思います。なので、今のその反省も活かしつつ夫と過ごしています。

 

子どもに養育費を払っていない(滞納している)

元妻との間に子どもがいて、支払い義務があるにも関わらず払っていないバツイチ男性もNGですよね。責任感がゼロです。元妻が引き取っているけど、子どものことをちゃんと大切な存在としているバツイチ男性には私は共感できますね。

ちなみに、元夫は最初の結婚で授かった子にしっかりと養育費を払っていました。当然のことなのですが、プラスなポイントでした。

私との間にも子どもが一人いますが、離婚の際は色々事情があり養育費は請求しませんでした。ですので現在まで一銭ももらっていません。

離婚理由が浮気

私の友人の話ですが、浮気が原因で離婚したバツイチ男性と結婚しましたが、結婚1年も経たないうちに浮気をされて離婚しました。

もう一人の友人の旦那さんは、浮気がばれてもほとぼりが冷めるとまた浮気をするそうです。

絶対にまた浮気するとは言えませんが、浮気癖ってなかなか治らないみたいですね。

または、元妻の浮気が原因での離婚もあると思います。その場合なら夫に非はないように感じるかもしれませんが、私はそうとは限らないと思います。

妻に寂しい思いや孤独感を与えてしまう、甲斐性のない男性かもしれません。不倫は悪いことですが、妻に浮気をしたいと思わせたのは夫側にも問題があったのかもしれません。

自分の親と同居させたがる

バツイチ男性に限らずですが、自分の親と同居してほしいという男性はかなり要注意です。特別な事情もないのに同居をさせたがる人は、考えが浅はかで妻の幸せをちゃんと考えていない男性だと思います。

自分が一番の人

これは見極めがなかなか難しいかもしれませんが、『自分が一番』という人は結婚には不向きだと思います。

結婚しても、家事もせず趣味を存分に楽しむ等。独身のときのように生活している男性は、ほぼ必ず妻にストレスを与えます。特に子どもを授かったら生活は一変しますし、自分優先にしてもらっては家庭はうまくいきません。

バツイチ男性に限ったことではないですが、特に一度結婚に失敗している男性はこの点をよく見極めた方がいいかもしれません。

結局バツイチ男性って大丈夫?

バツイチ男性は、一度は結婚できたわけですから、男性として魅力的な人が多いのかもしれません。だから惹かれてしまうのかもしれませんね。

好きという感情ももちろん大切ですが、それだけでは幸せにはなれません。恋愛中は周りが見えなくなるといいますが、客観的な視点て本当に大事だと思います。

バツイチ男性に限らずですが、この人で大丈夫か?という見極めは非常に難しいですよね。長く付き合えば、それだけ見えてくる部分もありますが、情が移ったり、嫌な部分にも慣れてしまったりして別れられなくなります。

最後は自分の選択を信じるしかありません。この人で大丈夫!そう思ったら相手と自分を信じて進んでみて下さい。

ですが、信じて進んでみたけど、どうしてもダメになったとき、その時は無理をせず別の道を潔く選んでほしいと思います。人は簡単には変われません。結婚に向いている人もいれば向いていない人もいます。

バツイチ男性でも再婚して幸せな家庭を築いている人もいますし、元夫のようにまた失敗してしまう人もいます。

あなたが好きなバツイチ男性は、あなたの幸せをちゃんと考えられる方でしょうか?

 - バツイチ男性について, 夫婦の問題